FFXIプレイ記録メモ情報-2019

昨年と同様に、冒険者さん、ありがとうキャンペーン2019において公表されているプレイ履歴を公開しておきます。
これによって、大方の活動の動向が解って来るかと思われますね。
コンクェストに関しては、2008年付近でウィンダスからサンドリアへ移籍を行った影響で個人戦績が大幅に減少しています。(*注釈:ウィンダスからサンドリアへの移籍の際に、その当時にウィンダスで貯めていた個人戦績は凍結された状態であります。)
個人戦績としては昨年より増加しています(ウェイクポイントのクエスト及びフェローのレベル上げの影響)が、実際のところ余り変化はないと感じている次第であります。
皇国軍戦績と連合軍戦績は、それ相応の範囲内で蓄積されてきていると考えていますし、クルオの蓄積はある程度の範囲内で増えつつも、落ち着きが見られ始めたのかなと感じる部分が出てきています。
また、この13年間(2005年から2018年)の中で掲載されている関連記事を紹介する為にも、リンク先を添付して置きますね。

2008年5月20日 (火曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2008

2009年5月13日 (水曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2009

2010年5月12日 (木曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2010

2011年5月12日 (木曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2011

2012年5月17日 (木曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2012

2013年5月31日 (木曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2013

2014年05月19日 (木曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2014

2016年5月26日 (木曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2015

2017年5月24日 (水曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2016

2018年5月24日 (水曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2017

2018年5月29日 (水曜日) FFXIプレイ記録メモ情報-2018

今回出た活動の実績に関しては、あまり活動が鈍かったかなと言う点が出ていますが、その代わり範囲を絞っていくという重点方式でありますので、この点に関しても致し方がなかったと思っています。
大きな理由として挙げられるのは、2009年頃の中盤からレリック武器の強化の為の資金を本格的に稼いで行くという方向で動いていった結果でもあると想います。
その代償として、資産帳簿上の大幅な拡充が得られていることもあるので、今回の結果に関しては、ある程度の納得がいくがいく範囲内であると考えています。
2013年3月8日に片手刀レリック:鬼哭を一定水準(アンブラルマロウを使用したメイジャン強化作業)まで引き上げる事が出来ました。

今後の方向としては、エイピリアン武器(片手剣:アルマス、片手刀:神無)を第三段階であるアペデマクの角を50個納品するという課題をクリアする所まではやっていくことを目標にしています。
また2013年中盤にアイテムレベル導入されましたので、それに伴った対策を打って行くことを考えています。
そうでなければ、追いついていくにもきつい状況になっていくだけでありますので、それ相応の対応をやらなければと考えている次第です。
今年は昨年と比べて、ある程度の範囲内でFFXIのプレイ活動は減少していくという可能性が出てきていますので、プレイスタイルの効率性及びプレイキャラの装備品の強化を中心にやっていこうと考えています。
それと次の行動に移るためにも、がんばっておきたいものですね。

それでは、またね~(´・ω・`)ノ

Syunrou

チャット回数:502,351
NPCに話しかけた回数:358,324
パーティ参加回数:4,156
アライアンス参加回数:1,018
戦闘回数:326,843
戦闘不能回数:2,631
敵を倒した回数:161,560
GMコール回数:2

コンクェスト 個人戦績(サンドリア):366,286ポイント
コンクェスト 個人戦績(バストゥーク):70,972ポイント
コンクェスト 個人戦績(ウィンダス):198,355ポイント
ビシージ 皇国軍戦績:1,169,821ポイント
カンパニエ 連合軍戦績:5,955,332ポイント
コロワイズ 同盟戦績:32,028,354ベヤルド

クルオ:12,199,999クルオ
抵抗軍戦績:404,744ポイント
ドミニオン札:603,769枚

エスカシルト:2,410,319ポイント
エスカビーズ:7,482ポイント

タブ:15,575個

フェローポイント:999,173ポイント

ミーブル・バローズ 活動値:43,320

木工ギルドのギルドポイント:67,558ポイント
灰:526

フェローポイント:999,173ポイント

活動値:43,320ポイント

エミネンス:79,569ポイント
ユニティポイント:89,402ポイント
エミネンス コンプリート吸う:546
預けた互助会引換券・銅:983枚

ナイズル島アサルト トークン:170,371個

メナスプラズム:283,175ポイント

スカーム O.フラッグメント:36,274

ディリーポイント:22,090ポイント

星のきらめき:1,812ポイント

累積プレイ時間:1,164日 19:29:42

2019年5月31日時点

エミネンス・レコード参加:ケイザック古戦場 2016.07.02 その1

時間的にも大きな暇ができていたので、エミネンス・レコードのポイントとユニティポイントなどを稼いでいく目的で、エミネンス・レコードに参加してきました。
今回のエミネンス・レコードを行うために行ってきたエリアは、マリアミ渓谷でした。
まだまだ始まったばかりなので学んでいくところは多いところですが、そこそこ稼いでいく事が出来るという状況下に対しては、充分過ぎるほどに満足しているところです。

エミネンス・レコードは2013.12.11 バージョンアップ情報によって導入されたのでありますが、FFXIVで導入されているフェイトのようなものであると思っていてもいいでしょう。
それでも今回のエミネンス・レコードやフェイスを導入されたことで、今までの負担感への軽減策や楽しみを増加させていくといった効果が大きく見られるようになっていくと思いますので、ソロにおけれる活動範囲の拡張が行えやすくなっていくのではないものなのかと考えています。
なによりもソロ活動でのテンポの遅さが解消されたの良かったなと思いますね。
そのバトルにおけるテンポが早めになったことや、移動速度が25%引き上げられたのでそれもそれでよかったと思っています。
今後も参加していく諸条件さえあっていれば、様々なコンテンツに参加していこうかと思っています。

今回もでありますが、スクリーンショットの撮影行為を行なっていきました。
これはこれでありますが、何時もの調子で撮影をしていった結果として、このようなスクリーンショットの撮影枚数と同じような枚数になってしまいました。
これはこれでまたまた反省気味ですが、原理原則からスクリーンショットの掲載箇所を10つの記事に分けて掲載しておきます。
それらの対処によって、記事内におけるスクリーンショットの見易さが良くなるものだと思っていますし、記録の整理という点でも充分になっていくものだと考えられております。
そんなものですが、スクリーンショットの掲載と紹介を行なっておきますね。
そんで、今回のコメントはここまでにします。
それでわ、(´・ω・`)ノシ

Syunrou

エミネンス・レコード参加:ケイザック古戦場 2016.07.02 その2

今回スクリーンショットの撮影枚数が、特段に多くなってしまったので、
スクリーンショットの掲載箇所を十分割の記事掲載方式にした上で、スクリーンショットを記事にて掲載しておきます。
この記事の枠内であります。通常よりも、スクリーンショットが多くなりすぎています・・・。はい、、、、
今回のスクリーンショット掲載記事は、その2としておきましょう。
それでわ、(´・ω・`)ノシ

Syunrou

エミネンス・レコード参加:ケイザック古戦場 2016.07.02 その3

今回スクリーンショットの撮影枚数が、特段に多くなってしまったので、
スクリーンショットの掲載箇所を十分割の記事掲載方式にした上で、スクリーンショットを記事にて掲載しておきます。
この記事の枠内であります。通常よりも、スクリーンショットが多くなりすぎています・・・。はい、、、、
今回のスクリーンショット掲載記事は、その3としておきましょう。
それでわ、(´・ω・`)ノシ

Syunrou

エミネンス・レコード参加:ケイザック古戦場 2016.07.02 その4

今回スクリーンショットの撮影枚数が、特段に多くなってしまったので、
スクリーンショットの掲載箇所を十分割の記事掲載方式にした上で、スクリーンショットを記事にて掲載しておきます。
この記事の枠内であります。通常よりも、スクリーンショットが多くなりすぎています・・・。はい、、、、
今回のスクリーンショット掲載記事は、その4としておきましょう。
それでわ、(´・ω・`)ノシ

Syunrou

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。