Syunvou改装計画概要草案パート4

ゲーム機関連についての記述


*家庭用ゲーム機
■ソニー:プレイステーション2と3に関して
●プレイスティーション2に関しては、順次使用権などの管理権を順次長兄へ移行を始める者とする。
●プレイスティーション3に関しては、一定の時期が経過後に手ごろになってきたと判断がつき次第検討を始めるものとする。
発売から2年後くらいに購入検討を始める目安にする。
●情報収集・分析は義務とする。
■任天堂;Willに関して
●概要の基本的な理念に沿い、ゲーム関連の考えは同等にする。
●任天堂の場合は実弟との共同的な協議の基で運用や行動などをしていく。
●極めて前向きに懐かしいゲームに対しては行動を行うという理念で行動をしていくこととする。
Xbox360・パソコンについて
●この2つに関しては一定間での連携をすることにする。
●Xboxの購入に関しては前向きに検討を行い、新時代へ駆け抜けるための等架橋へとする構えとする。
●必要に応じて検討をすることにする。
また、情報収集に関しては義務をする。
■その他
●その時の世代のゲーム機を厳格的に情報収集分析をすることを認め、それらを審査などをすることを求めていくことを理念とする。
●適切な行動などを常に求めることを優先とする。
*携帯ゲーム機について
■携帯電話に関して
●一定化でのゲームの使用などを認める。
●ゲームソフト自体は一つの部類としてであるため、厳重な扱いかとすることが望ましい。
以下に関しては適切な行動の扱いにする。
■ゲームボーイや任天堂DSに関して
ゲームボーイNintendouDSなどについては引き続き寛容に取り扱うを行うことにする。
実態的な扱いは現行維持の方針とする。
●ゲームソフトの扱いは下記の記述扱いになるが、一定の割合の簡易さを認める。
NintendouDSに関しては家庭内の共有的なものとして見なす事を認める。
*ゲームソフトについて
●家の中での後三法(基本法・行動理念)に基づき、適切に運用をすることとする。
●暴力関係の作品に関しては厳重に審査などし、またそれに関しては適切に決定などをすることを決定事項として今までどおりのものとする。
●法を守るジャッジマンの審査などの基ゲームソフトの購入決定などの審査は行うこととする。
●坂口博信氏や植松伸夫氏などの作品に関しては適切な運用などをするため従来の審査ではなく簡易的な審査の扱いの部類にする。
●FFシリーズやDQシリーズに関しては以下の記述扱いにするため下記との文言扱いとする。
ファイナルファンタジーについて
ファイナルファンタジーXIに関してはスクウェア・エニックスからのサービス終了宣言が出るまではプレイを維持をするものとする。
●新作のファイナルファンタジーファイナルファンタジーシリーズとしてのゲームソフトの取り扱いは順次検討をする扱いに義務付けることにする。
●FFシリーズに関しては長兄のリーダーシップに基づき行動をしていくことを引き続き行動と決定とする。
ドラゴンクエストについて
ドラゴンクエストに関してはシリーズものなど一切の関連は実弟との協議の上で購入検討に入るのを決するものとする。
●運用などは柔軟にやっていくこととする。
■その他
●ソフトに関しては一定の条件をつけた上で家と個人との共有物扱いとする。