Syunvou改革計画概要草案

これの記述に関しては本、雑誌、新聞に関しての記述の記事とする。


現在雑誌の取り扱いは以下のようになっている。
■月刊では、月刊アスキー、 NEWTON 、月刊ガンダムエース、 マガジンZ 、ニュータイプ 、アニメージュ 、アニメディア
■週刊では、週刊ファミ通、週刊テレビジョン、週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデー
■へき週刊では、フェミ通PS2 電撃プレイステーション
現行からの取り扱いを辞めることをするのを以下のようにする。
マガジンZ、NEWTON、週刊テレビジョン、週刊マガジン、週刊サンデー
をやめることにする。
ただし、月刊マガジンZの場合は機動戦士ガンダムSEEDシリーズが連載をされたら再開とする。
また新聞でも、日経産業新聞の取り扱いをやめる。
小説や漫画については引き続きという事実上の現状維持扱いにする。既にかなりの年数で新刊が出ていたり中古が出ていた場合、状態がよければ優先的に中古を購入をすることにする。
●ネットでの情報収集活動を3割以上5割程度再び引き上げる。
昔よりは独自に歩まなくても協調を一定間すればいけるとの判断からである。また、ネットでのコスト削減などが現実的に出来るということから段階的に行動を起こすことなどを表明をしたい。
したがって情報収集の割合が、
ネット5:新聞1.5:雑誌・小説2:テレビなどのマスコミ1:その他0.5
とする。