「ユーチューブは本当にWeb 2.0か」–「Web 2.0の倫理」をめぐって盛り上がる議論(その1)