時を見続けて

日々の方向性とかを考え行動をすることに関して思慮考慮的にしてみたり、様々な情報性を求めてみたりをする気が大きい。
そろそろパイを広げている様子に対してみていないものにも気づくかもしれない。
判らないとなると不思議と思うが、潤沢な準備と病気などの静養または、様々な見聞をやってみたりなどをした結果答えが見つかっているのでまずはよいと自分は思う。
そろそろ今までの行動の足跡や腹の内の探りなどに関して周りは気づいてもいいと思う。
いままでやってきた手法など過去を振り返って、その上で私の発言などを基に分析をすればおのずと答えは出るかと思う。
10年先を常に考え行動をしたり調べたりをする自分は変人扱いされることが多い・・・
でもそう言う方々は歴史の中では良い方向性を出してきたんだと自分は信じている。
好きなことを今後もやって生きたいと想う。
そしてその為なら多少の苦労は良しとしたい。
時に対して真摯に向かい合っていったり、または見続けていくことは今後も変わらないと想う。
30年先の己を考えて計画を組み始めているのは事実であるし、好きなことを多少我慢をするのをはじめている。


勉強をしてその上で好きな方向性などを歩むことを先々に今でも考えている。
自分にはプラスかマイナスかは判らないがそれでも良い・・・
それが自分が最も好きな道ならましだと考えてしまうためである。
座禅を組みながらも今後は自分に向き合って決断をしたうえで行動を一歩一歩始めて行きたい。
まずは一里を始めていく事とする。
では、また