1981年の“最新鋭” 小松左京の「テクノ書斎」とは