2011年 年頭施政方針記事

[`fc2` not found]
[`evernote` not found]
Pocket

本記事を持って、仕事始めを執り行うことと共に明けましておめでとうございますを申し上げます。
さて、話を本件に移しますが、本年の年頭施政方針を書きたいと想います。
本年、この1年間を通した目標及び向こう数年間の見通しと行動計画に関しての記述を書くことです。
本年も昨年度の記述を基にしながら修正を加えていくという方向性になっていますが、その時の情勢などを元に修正したものであります。
ただし、FFXIに関しては独自の項目にて対処をしますので、その辺はご容赦をお願いしたいと想いたいところです。
あまりにも、その項目に書ける文章の長さが大きいものとなっている上、FFXIに対する深い想いなどが根深くあるのが現在ですので、そのために割く文章が自然と長くなってしまうのが理由です。
それでは、次のページにて年頭施政方針を表明を致します。
2009年 年頭施政方針記事
2010年 年頭施政方針記事


書籍に関しての記述を行います。
書籍のライトノーベルは、ゼロの使い魔灼眼のシャナ涼宮ハルヒシリーズファイナルファンタジーXI(小説版)マクロスシリーズ機動戦士ガンダムUC機動戦士ガンダムシリーズなどの様々な分野のライトノーベルを購入をしていく方向です。
小説に関しては、北方謙三三国志の文庫版を徐々に買える範囲内で集めていこうと思っています。
漫画に関しては、コードギアスシリーズ黒執事鋼の錬金術師ハヤテのごとく!名探偵コナンクッキングパパなどを購入をしていきます。当然ながら、そのほか幾つかの作品がありますが、多すぎて掲載は仕切れません。
雑誌関連については、アニメージュ、アニメディア、ニュータイプ、マックピープル、週刊ファミ通、電撃プレイステーション、月刊ガンガンなどを購入等をしていきます。
雑誌の方は、昨年と変更ないと想ってもいいでしょう。
また、書籍は必要に応じて追加を行っていく予定であります。
その点は、柔軟に対処をしていく考えです。
また、ブックオフなどで購入をした書籍は、月々に掲載される記事の中に合わせて掲載していくつもりであります。
アニメに関しては、これは行き当たりばったりというケースが過半数を超えてしまうのでなんとも言えません。
けれども言える点としては、書籍の中でアニメ化になったものは順次見ていくことやアニメと書籍の相乗効果などによって、一緒にやっていくことがありますので、その時次第といっても過言ではありません。
今までの流れと共に、対処と行動を起こしていきます。
そして、ガンダムシリーズ、劇場版機動戦士ガンダムSEEDと鋼の錬金術師に関しては、常に注目していくものとします。
自分の好きな流れで行きたいと思っています。
ゲームに関しての記述を書きます。
引き続きPS3とXBox360をメインとして使用していきます。
また、PSPを購入をした上で、ワンセグなどの携帯などでのいろいろな機能を使用をしていくつもりです。
ただし、必要に応じて任天堂DS・Wiiを購入検討の対象していくこともあります。
今後は、ネットワークを活用をした方式を重視をして、それを活かす方向でなければいけないという方向を考慮をしています。
置き型のゲーム機に関しては、自分が本当に欲しいゲームであるならば購入をするという方向で、行くつもりであります。
また、オンライン・ネットワーク重視の方針も含めていきます。
PS3のサービスである、PlayStation Homeの活用などを積極的に遣っていことになると想います。
けれども、一定条件で問題があった場合は、そのときに考え直すことも視野に入れているところです。
まいにちいっしょも同様の措置をすることも、引き続き楽しんでいきたいと考えています。
FFXIに関しての記述を書きたいと想います。
まずは、ミッション・クエストに関してですが、例年通りに遣れる範囲内を徐々にこなしていくことにしています。
ミッションでは、残るミッションとしてサンドリアとアルタナの二つとなっていますが、サンドリアミッションは本年度内にランク9まで到達できるように目指そうと考えています。
アルタナ関連に関しては、バージョンアップされた当日に出来る限り終わらせて、後々を楽にさせていくという戦法で遣っていこうと想います。アトルガンで取られた方針と同一といっていいです。
アルタナはミッションとクエストが一体化になっていますので、どちらもこなすことが第一だと考えて、全体で重要なものを優先的に遣っておき、その次に大事なものやその時遣れるものを後々こなして行く事にしていきます。
徐々に、物事が進められていければ、それで充分といえるでしょう。
追加クエストに関してですが、追加されたら予算獲得次第すぐに購入・登録をした上で、攻略を進めていく方針です。
昨年度入手できるのは全て導入済みにしてあります。
個人的にも、これを願っていたのは事実ですので、楽しみに待っていたいと思っています。
武器・防具などの装備品に関しての記述を書いていこうと思います。
昨年は装備品の幾つかの中で最も以前から狙っていたバーミリオクローク破軍の購入などを実施しました。
多分、今年も緩やかなデフレ傾向が引き続き行われていくと推測をしていますので、一部を除けば例外なく高額商品は下がっていくでしょう。
そのためですけども、忍耐強く粘って待ち続ける覚悟であります。
その他の武器防具品類の装備品の購入目当ては、メザラクジャガーノートを考えています。
レベルキャップが最終的にレベル99まで解放される予定になっていますので、その時になるまでは装備品の使用の大幅な変更が必要になっていくと予測しています。
その時には幾らかの装備品を導入していかなければならないでしょうし、そうせざる得ない面が出てくると考えています。
そういうことなので、必要な所があったら、そのところに対してある程度の手当てを行っていく方針です。
その他で良い物が出現すれば、その時に順次・検討を行っていく次第です。
バトルフィールドに対しての方針は以前と変更はなく、例年通りであることを書いておきます。
黒の書:プークの幻影、会議は踊るが、資金面の稼ぐ場所の一箇所に成り立つことから引き続き、強く認識しています。
現行時点としては、そのときに必要に応じて、募集に対して参加を行っていく形が素直なものになると考えます。
召喚獣戦は資金稼ぎの一環としてやっていくことだけかなと想います。または、神無月クエストを遣るためにこなすかなと思う範囲ですね。
よって、今年はフェンリルやディアボロスをこなした上で、ノーグのクエスト自体も終わらせることも一つのテーマになっていくと考えます。そのことをすることによって、金庫のアイテム欄が空くことが事実ですので・・・
現時点の召喚獣を全て集めるのは後一つなので、タイミング次第となっていくと想います。
追加される可能性も出ていますので、その時点は注目をしながら遣っていくことになるでしょう。
アサルトに関して書きますと、昨年アミール装備ペタワン装備イギト装備を入手しました。アサルトにおいてはデナリ装備入手となりました。
ナイズル島アサルトに関しては、2008年10月末の決定どおりに引き続き参加をしていきます。
現時点で戦士・モンク・赤魔道士・忍者などの各武器が入手して、クエストをクリアしたことによって使えるWSも一部の範囲内で取得しています。WS取得クエストに関しましては戦士や踊り子のクリアをできる時がくれば遣って行こうと想っています。暫時やっていく形で・・・
今後、ナイズル島アサルトで入手していく装備類はゴリアード装備にしています。
一方、モブリンズメイズモンガーに関してのことを書きます。昨年と同じく参加が可能な機会などがあったら参加していこうと想っています。
まず第一段階として、メンズルーンメイズバウチャーメイズタビュラを入手していくことが優先的にしていきます。
目的とその方向などを見極めるためには重要な行為ですし、一つの選択でいろいろ変化が出てくるという仕組みなので、理解をしていくことも早々としておくべきだという判断から成り立っているところです。
自分自身としては楽しんでいきたいので、いろいろといい事があったいいかなと考えているのが心境です。
それと、この目でしっかりとコンテンツの進化を眺めて行きたい希望から出ています。
BCGカンパニエバトルアビセアバスティオンに関しての記述ですが、BCGに対しては遣れたらやるという方針でいます。
指しあたって言うなれば、たまたま時間があったら参加していこうという姿勢です。
カンパニエバトルに関しては、現状維持と差し支えない範囲内で遣っていきますが、連合軍戦績が只でさえ約164万ポイントほどになっていますので、その処理が優先的になるのは確かなことでしょう。
逆に、維持もしくは増加しちゃおうかなという方向もありえるかと・・・・
装備品が預け入れ可能になれば、カンパニエの連合軍戦績を取り崩して、装備品を入手をしていくつもりであります。
カンパニエバトルを1回4時間前後遣ると大体1万前後の戦績が溜まるという寸法なので、ある種の悩ましさが出てきますね。
自分なりに対処していきますが、取り敢えずは連合軍戦績は放置しておこうと想います。パンドラの箱化にしておこうという感じですね。
アビセアバスティオンに関しての記述ですが、これはカンパニエバトルと同様の措置を取っていきます。
バスティオンに関しては、基本的な流れはカンパニエバトルとBCGを掛け合わせたような仕組みになっていますが、短期決戦方であるというのは否めません。
それでも上手くいけばカンパニエバトル以上の経験値を得ることが結構多くありますので、一定の積極性を用いて参加していくことにしています。
カンパニエバトルとバスティオンなどに対しての参加は、主に赤魔道士と踊り子での参加になる予定となっています。
デュナミスに関しての記述を行いますが、タイミングや条件などが準備あっていければ、どしどし参加をしていこうとと私自身はそう考えています。
出来る限りの範囲内ですが、リアルなどの条件などの調整がつければいつでも参加していくことにしたいです。
その時に希望する防具類は、赤と竜騎士・踊り子という範囲内かと思えます。
それと同時に、貨幣の収集は本年中に第三段階中盤までに進行していこうと考えているところです。
空LSの検討に関してですが、これもデュナミスと同様の措置になります。
何時かは入って、目的の品全てを入手していかないと考えられます。
主に、五神装備を入手をしていくことが目標ですね。
出来ればデュナミスと同様の時期までに、参入・参加が出来るといいかと感じています。
戦士、忍者や侍などをやっていく上では、どうしようもないほどの避けられないハードルになっていますし、いい加減に参加しないといけないと考えています。
今後遣っておかないと困ることになりますし、今度の対策のためにも必要であると感じている次第です。
レベル上げとメリポに関しての記述をしていきます。
現在戦士・モンク・赤魔道士・忍者・侍・竜騎士・踊り子はレベル90でありますが、今後レベル99まで解放されていく方針であるのに合わせ形でレベル99まで引き上げていく方針です。
それと武器スキル・魔法スキルの引き揚げ作業ができる分だけやっていこうと考えています。
今年のジョブレベル上げ作業としては、ナイトを選択しておきます。
ナイトがレベル41になっていますが、引き続きレベル上げを行っていき、最終的にはレベル99までに行かせる予定です。
ナイトの装備は、今までの戦士や赤魔道士の装備品を流用できるのが大きい理由です。
ナイトのレベル上げ後は、シーフなどのいずれのジョブをレベル上げをレベル99まで目指していくつもりです。
それと共に、暗黒騎士と学者のサポジョブの数値であるレベル50前後までに対応させることも目標にしておきます。
この二つのジョブ対策は、赤魔道士に対しての施策であります。
以前から遣ろうと想っていますが、なかなか出来にくいという形で現時点までに着てしまったので、その点は重視しておきたいです。
メリポジョブに関しては、現行のレベル上げなどが終わり次第やることにします。
また、カンパニエバトルやバスティオンの経験値稼ぎも併用という方向で進めていきます。
一定のスピードアップを図ると共に、カンパニエ情勢をしっかりと見つめておくことが目的です。
メインでのレベル上げ及びスキル上げ作業はアビセア乱獲でやっていく方針です。
最早それしか、高レベル帯でのレベル上げ作業の方策はないですし、参加してしまったことで1回でレベル5前後の経験値を得ることができるので、そちらをメインにした上での作業になっていくと思います。
魔法や忍術などに関しては、淑徳できれば覚えていく方向にしています。
コスト面を考慮しながら導入になっていくと思いますが、時間は多少必要になっても何とかなっていくものでしょうし、そういうことは多少なりに高騰しているので、一定時間の我慢や思慮を行なう必要があると判断しています。
資産運用の件は、現状維持にしておきます。
また、資金の稼ぎや合成の方針もこれまで通りです。
現時点の変化はなく、食事や合成アイテムなどの補完は必要に応じて集めていく方向です。
忍具関連は可能な限りコストダウンを優先として、コストダウンが可能だった場合は合成を実施していく方向であることを明記しておきます。
2009年7月以降から紙兵合成作業を執り行い、競売所にて売却作業を行っていますが、一定の収益などが上げられている現状などから引き続き時間があったら合成を行っていこうと思っています。
以上で、FFXIに関する記述を終了とします。
ネットワーク関連について書きます。
本年度は、ネットワーク機器の更新年であると感じています。
主に、モデムと無線LANを分離を行っていく方向で調整をつけている状態です。
無線LANのメーカとしては、バッファローが最適であろうと今は考えているところです。
親機としては、WHR-G300Nのようなコンパクトでアンテナ自体が内臓式である機器を選択をしていくでしょう。
子機としては、WLI-UC-AG300NのUSB接続型がメインとしていきます。
この機器に対しては、複数・必要に応じた数をもって対処をする構えです。
オーディオ機器からのネット側への接続口として、WLI-TX4-AG300Nを1台購入をすることを現在検討中です。
ネットワーク側に置かれる記憶装置機器に関しては、PS3に対しての機器ついて1台500GB前後の容量で設置をしていく方向です。
別途として4TB~6TB程度の容量を収納できる、店で販売されている自作NAS機器キットとハードディスクを基にして購入・製作をする方向です。
もう一台の目的としては、WindowsやMacなどのパソコン・オーディオ機器などの記録を預けて置く為の箇所にしておくことが目的になっています。
この辺で、ネットワークに対する記憶装置が充分対応できるかと私は考えているところですが、セキュリティー面の確保などが昔以上に重みが増してきているので、その対策も充分配慮をしていく方向になっていくんだろうと想います。
またネットワーク全体に共通をすることですが、以前からMacにも対応をした製品でないと今後のためにならないと考えているので、その方針で製品の選定などを行っていくことになると考えています。
携帯電話や外出時のネットワークの記述を書きますと、NTTドコモの携帯電話を2008年11月頃に選択をして購入・契約をしました。
携帯電話の選択や変更は、なしと言う事にしているところです。
携帯端末を使用をしたネットワークを重視しています。
NTTドコモのバッファロー:WiFiルーターの端末を導入をする計画で進めているところです。
自分はそれで充分かと思えますし、諸条件が揃っていると考えています。
パソコン関連について書きたいと想います。
ディスクトップに関して話しますと、ほぼ希望通りの機種を導入できましたので、今年は希望を余りせずにでいきたいと思っています。
ノートパソコンに関しては、適正なスペックであればどれでもいいかと想います。
場合、購入をせずも考えているところです。
最低条件を挙げますと、FFXIがプレイ自体が楽に出来ることが条件の一つですね。
ノートに対してのこだわりは以前以上にはなくなっているので、自分が規定をする範囲内で満足がいければ、それで充分であると私としても考えています。
Macに関しては、先にMacBookProを購入をした上で、その後状況がよければiMacを購入をするという方向であります。
場合、MacBookAirも視野に入れています。
始めてやるわけですので、選択は慎重にしていくことにしていますが、形態性やデザイン性などを高く買っているので、もはやこの条件下でも充分かなと考えていますね。
記録装置とメモリーの容量などを充分にしていくことを考えています。
パソコン周辺機器について書きたいと想います。
液晶モニターは、20インチサイズ~24インチサイズのモニターを1台程度購入をしようと考えています。
メーカー指定はしないつもりです。予算と直接見た感度によって、機種選択をしていくことになるでしょう。
1台はデュアルモニターとして使用としていき、もう一台はノートパソコンやプレイステーション3やXBox360のバックモニターとしての使用もしくはディスクトップの追加使用を考えています。
USB接続型の記憶装置機器に関してですが、500GB~1TB前後の容量の範囲で購入をしていこうと考えています。
これに関しては、Macを購入をする際に同時にという方向も考慮されている次第です。
バックアップを取るためにも、何かと必要なのが外付けHDDですからね。
USBフラッシュメモリーに関しては、2つ~4つ程度購入をする線が強いと考えていいでしょう。
どちらとも、8~16GB前後の容量を持ったものとして、1つはパソコンのメモリーを助けるために使用を行うものとし、もう一つは通常の記憶保存・保管などを主にするために使用をしていくものにしています。
SDメモリーなどのフラッシュメモリー関係では必要に応じて購入していこうと想っています。
携帯で使用していくことも何かと便利ですし、保存をするうえでも大切なことですからね。
オーディオ関連に関して書きます。
Apple関連製品の購入は、AppleTViPod classicを選択していきます。
状況が許せれば、iPod nanoを追加していく考えです。
iPadの購入関してですが随意検討という範囲にしておきます。
テレビなどの方面では、ソニーのブラビアを選択をしていきます。
Sonyでなければの話ですが、東芝のレグザを選択を考慮しています。
そちらはゲームに対して対応しきっていることなどから、使用していく面でも有利になりますし、FFXIユーザーとしてもXbox360を使用している以上はそちらに対応させたいという気持ちがあるからです。
液晶テレビのサイズとしては26インチから32インチを念頭にしています。
DVDレコーダーも同様とします。リンクはこちらとしておきます。
これらはブラビアリンクを念頭に構成をしていくものです。
それと、個人的にソニーが好きであることも含みます。
撮影機材に関しての記述を行います。
来年度余裕があればデジタルカメラ購入を考えていますが、一般的なものにしていきます。
また、SANYOのビデオカメラの採用を考えています。
この機材であれば充分な範囲で撮影が出来ますし、携帯できる点でも満足感が得られると考えているところです。
それと共に携帯電話を使用をしていくことも兼用という形で含んでいきます。
インターネット活動を話しますと、ウィキペディア百科事典とブログ及びTwitterをメインに活動をしていくことにしています。
つまり現状維持を図りながら、今後必要に応じた活動の追加を行っていくという方向です。
重要事項としては、FFXI・ウィキペディア百科事典・ブログ。トゥイッターを中軸にします。
その中での活動から広がっていく方向で注目点を持っていくことになっています。
アニメ・漫画関連も同様の措置として中核に位置づけられていますので、ネットでの情報活動は今までどおりに行うものとすることになっています。
インターネット動画サイトの対処ですが、引き続き積極的に使用をしていくことにしています。
YouTube、ニコニコ動画などを中心に使用をしていくことになると考えています。
それと共に、インターネットの環境整備や家での規定・条項の整備・規制などを柔軟に行うものとして、情報収集活動をいつもの通りに、そして積極的に行っていく物とします。
ホームサイトとしてlivedoorを使用をして行くと共に、ウィンドウズメッセンジャーの使用許諾を引き続き行なっておくことにします。
WindowsLiveに関しては、データの保管やバックサイト上の使用としての基本方針の中に加えておきます。
グーグルに関しては、昨年と引き続いて手加減を加える方向で調整をしています。
必要なとことがあったら使用をしていきますが、必要最低限の範囲内で留めようかと現在は検討中です。
ヤフーはオークションなどの使用などを中心とすること、つまり、現状維持の方向で維持されると想います。
ウィキペディア百科事典に関しては、これまで通りに編集や論議に参加していくことにしています。
また、FFXI関連記事や機動戦士ガンダムSEEDシリーズの関連記事を重点項目としていくことには変わりません。
もし、変化や変更があった場合は、ウィキペディア百科事典の私の利用者ページにて書き込みなど行う方針です。
ニコニコ動画に対しては、2009年10月にプレイミアム会員になりました。
今後に関しては、このまま維持しながら行動していこうと思っています。
プレミアム会員になったことによって、大分ネットワークなどの利便性や優先利用などの特権使用が出来るようになったのも良かったと思っています。またブックマーク関係の整理も出来たのもありますので、それらもしっかりやっておこうと思っています。
それでは、本年の目標とそれに伴う方針などを書き終えたことで本年の考えとしていきます。
本年の施政方針の考えに関しては、基本的に昨年と同じ考えであります。よって変更点はあまり少ないものでした。
それと共に随時・柔軟的に行動していくこともありますので、場面に応じて記事を書いていくことも方針の中に加えて、本記事のコメントと所信表明を書き終わります。
それでは、またの時にて(´・ω・`)ノ
本年は、よろしくお願い致し申し上げます。
Syunrou~ねずみのシッポ~管理人:
Syunrou

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。